携帯電話の支払いが遅れがちだとクレジットカードが作れなくなるって本当?

今回は、特に学生がやってしまいがちな失敗の一つである、携帯電話料金の支払い遅れのリスクについてお伝えします。

携帯電話はスマホの登場以降、年々機種代金が高騰しているため、分割で購入するのが当たり前になってきています。

その代金は携帯電話の利用料金と合算で請求されるのですが、これを銀行引き落としなどにしていて、うっかり引き落としを忘れてしまうと考えているより大きなデメリットを後々被ることになります。

今回は、その点について詳しくお伝えします。

携帯電話を分割で購入したら個人の信用情報機関に登録される

個人信用情報には、様々な支払いの情報が掲載されています。その中には携帯電話の支払いももちろん入っており、支払い遅れを続けていると個人信用情報に記載されてしまいます。

一般的に言われている「ブラックリスト」という状態になってしまい、クレジットカードを作ることができなくなる可能性が高くなります。

支払いが遅れてしまった場合、個人信用情報には「指定の期日に支払いができなかった」という記載がされます。入金の状況が個人信用情報に記載されるのは直近の24か月分となるため、一度だけの延滞の場合は2年ほどでその記録が消えることになります。

支払いが遅れても翌月からきちんと支払いを行っていれば、クレジットカードを作れる可能性は高くなります。

しかし、支払い遅れが3か月ある場合には異動情報として掲載されてしまう形になります。クレジットカード会社もきちんと返済をしてくれる人にお金を貸したいのは当然のため、個人信用情報に「携帯電話の支払いを行っていない」という情報が載ってしまえば、クレジットカードの審査の段階で落ちてしまう可能性が高くなります。

一度異動情報が載ってしまうと延滞している料金の支払いが終わってから5年間は「支払いをきちんとしていない」という情報が残ることになるため、その期間はクレジットカードを作ったりローンで車や電化製品などを買うことも難しくなってしまいます。

冒頭でもお伝えしたように、近頃では携帯本体の料金が高額になっているため、月々の携帯電話の通話料金と一緒に携帯電話本体の代金も支払いを行っているというケースが増えています。

「契約期間中、または取引終了後5年間」は支払いがきちんと行われていないという情報が残ってしまうため、携帯電話本体の料金を通話料などと一緒に支払いを行っている途中でブラックリストになってしまうと、携帯電話の本体の支払いが終わってから5年間は個人信用情報はいわゆる「ブラックリスト入り」のままになります。

つまり、学校を卒業して社会人になってからもクレジットカードなどを作れない可能性が出てきますので、たかが携帯電話の料金とバカにせず、きちんと支払いをしていくことを心がけてください。

Comments closed