学生がカードローンを利用する際の条件と限度額

学生の方はサークル活動の費用や交際費など、なにかとお金が必要になることがあります。アルバイトをしてお金を稼いでいる人もいますが、学校に行きながらだとそれも難しいです、

親に仕送りをしてもらっている人は、あまり親に負担をかけたくないので、お金が必要になってもなかなか言い出せないことが多いです。

知り合いにお金を借りる方法もありますが、知り合いに迷惑をかけたくないという人は、カードローンを利用するといいでしょう。学生でも申込める金融業者も沢山あるので、探してみるといいでしょう。

学生が利用できるカードローンの条件とは?

ただしカードローンは誰でも申込めるわけではなく、条件があるので金融業者の条件をしっかり確認することが大事です。学生がカードローンを利用できる条件は、20歳以上でアルバイトなどで定期的な収入があることです。

アルバイトをしていないのにしていると嘘の申告をしても、アルバイト先に確認の電話が入るので嘘がばれてしまいます。未成年の学生の場合は、ほとんどの業者では申込んでも断られてしまいます。

未成年でどうしてもお金が必要の場合は、学生ローンに申込むといいでしょう。18歳以上でアルバイトなどで収入があれば、比較的簡単に審査に通ります。

カードローンに申込む場合は、限度額を最初に設定する必要があります。限度額以内なら、たとえ支払いの途中でも何度でも借入ができるので便利ですが、限度額をあまり高く設定しすぎると返済に苦しむので、無理なく返済できる範囲で限度額を設定することが大事です。

消費者金融などの貸金業者の場合は、総量規制がある関係で年収の3分の1までしか限度額を設定できませんが、学生の場合は、それよりもかなり低い限度額になります。

学生の場合の限度額は、10万円くらいの所が多いので気をつけてください。学生がカードローンに申込む場合は、親にばれないか心配する人もいますが、親に連絡がいくことはないので安心です。

ただし返済延滞が続くようだと、親に連絡がいくこともあるのでしっかり返済をすることが大事です。

Comments closed